トッド観てきた

2008.02.02.00:24

スウィーニー・トッドやっと観てきた。

内容がわかっちゃうかもしれないので、
これから観る方は以下注意!

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
(2008/01/16)
サントラ

商品詳細を見る


私は、事前のPR番組とか、ティムやジョニーのインタビューも見まくって、
舞台版のあらすじも読んだことがあったので、
ある程度予備知識とグロへの覚悟を持って観たってのもあるかもしれないですが、
私にとっては、殺人描写は思ったよりグロくなかった。

ティムがインタビューで、
「この作品の面白いところはユーモアだ」みたいな事を言ってまして、
確かにユーモアがありました。ブラックなのが。
私は所々「ププッw」ってなるような場面もあったんですが、
他に笑ってる人がいなかったような気が(爆)

これまで抱いてたミュージカルのイメージって、
華やかでハッピーなものだったので、
これを最初に考えた人はすごいなぁと思いました(笑)
ブラックユーモアの効いた殺人鬼のミュージカルって視点で観ると
むしろ笑えて面白いかもですね。
私はどちらかというと、そっちよりの視点で観てたかな。
あらすじ読んだ時の印象が、ブラックコメディって解釈してたし。
あんな綺麗な歌を歌いながら、やってる事は残虐的。
そのギャップはツボだな。

当然、殺人鬼が主役なので、血もいっぱい出るし、
今までのティム×ジョニーの作品では、一番グロいし
暴力的シーンもあったのですがね・・・。

まぁ、やっぱり残虐な描写は「あー」って思うし、
観終わった後、救いようのなさに切なさは残るし・・・。
「Mr.T・・・復讐しなかったら、また幸せになれたかもしれないのに・・・」と。
トッドの娘が殺されなかったのは唯一の救いだな。
「あ~良かった」ってホッとした。その後が気になるね。
全体的なストーリーだけで言うと、暗くて重くて、後味悪いかも。
ミュージカルじゃなかったら、観て後悔したかもしれないな。

それにしても「チョコ工場のコンビの新作!」みたいな
宣伝文句はどうかと思うなぁ。今更言うのもなんですが・・・
実際に「チョコレート工場と全然違うなぁ」とか言ってた人いたしね。
そりゃ”悪魔の理髪師”ってサブタイトルに入ってるし、R-15だし、
私、個人としては「そらそうやろ」ってツッコミたくなった次第ですが。

ティムの映像はやっぱり好き。
色彩がすごく良いな~って思います。
そして狂気なジョニーも好き。ホントこういう役が似合いますね。
歌も良かったな~

でも、ティムやジョニーのファンの私ですが、
この作品は、何回も繰り返して観たいというわけでもないから
DVDになっても買わないし、人にも自らは勧めないなぁ。
どういう視点で観るかで、えらい印象が変わると思うのでね。
おすぎもTVで言ってたけど、ホント好き嫌いが分かれるだろうな。

私がティム×ジョニーの作品で勧めるなら
やっぱ「コープス・ブライド」です。

ティム・バートンのコープスブライド 特別版ティム・バートンのコープスブライド 特別版
(2007/12/07)
ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Plofile

Sakky

  • Author:Sakky

  • 大阪在住。
    犬とディズニー好きのブログです。
    ディズニーグッズの紹介を中心に、愛犬の事や趣味の事などいろいろ書いてみようと思います。
    気になる事やつっこみがあればコメント欄にどうぞ!

    リンクしていただける時は、教えてくださると嬉しいです(^^♪
    リンクバナーはコチラ
  • 管理者ページ
  • RSS
Guest
Banner



GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Category
Entries
Shopping



リンク先:GREEN DOGトップページ

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS