前進

yahooのニュース記事より引用です。
------------------------------------------------------
環境省と農林水産省は、国内で製造・流通する犬と猫用ペットフードのすべての製品に、賞味期限や原材料名などの表示を義務づける方針を固めた。6月に成立したペットフード安全法に基づく措置で、来年6月から施行する予定。残留農薬などペットの健康に影響する項目の基準値も設定するという。

 これまでは、業界団体の「ペットフード公正取引協議会」が定めた業界の自主基準に基づき表示されていた。協議会には国内の製造業者や輸入業者46社が加入し、国内取扱量の9割以上を占めるが、基準は会員以外に適用されず、違反しても罰則がなかった。そこで両省は、国内で製造・流通にかかわる全事業者に安全性の表示を義務づけることにした。具体的にはフードの名称▽賞味期限▽事業者名と所在地▽原産国名▽すべての原材料名--の記載を求める。

 さらに、フードに含まれる有害物質による健康被害を防ぐため、かび毒▽農薬▽重金属▽有害微生物▽使用に注意が必要な添加物--の残留値や使用上限値を設ける。

 違反すると製造禁止処分を受け、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる。法人の場合は最高1億円の罰金が科される。

 ペットフードについては昨年、米国で有害物質メラミンを含む中国製品を食べた犬や猫が相次いで死ぬ事故が発生。日本にもメラミン混入フードが輸入されたため、規制を求める声が上がっていた。
------------------------------------------------------


施行はまだちょっと先ですが、この規制は良い事ですね!
今現在、ペットフードの原材料の表示って、8割なんですよね。
残り2割は何が入ってるかわからないという・・・

この事実を知った時は、手作り食にするか本気で悩みました。
我が家の秀は、肝臓に疾患があったので(今はほとんど問題ない程度ですが)
極力、体に毒素がたまらいようにしたい。
フードも、今でも肝臓サポートの療法食です。。
これを完全手作り食で、カロリーとか、栄養バランスとか考慮しつつ、
毎日続けるというのはちょっと大変だなって事で、結局フードを与えてます。
食いつきもいいし、体調やうんPの状態も良いので
体質に合っているんだろうな、と思うのですが、
やはり常日頃から”残り2割”が気になっていたのです。

最近、人間が口にするものでも食品偽装とか多いので、
規制された所で100%安心かというと、
個人的にはそうは言えない、という部分も正直あります。
やっぱり、各材料がどこから来たものかわからないし、
ペットフードのほとんどは、何ヶ月も保存でるものが多いですし(未開封)、
そうなると防腐剤とか欠かせないですからね。
この辺は、日頃から愛犬の体調管理や、
製造者やメーカーさんを信用するしかないですけど
国がこういう規制をやってくれるのは、愛犬家としては嬉しいです。
まだまだペット後進国の日本が、ちょっと前進した感じ?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Plofile

Sakky

  • Author:Sakky

  • 大阪在住。
    犬とディズニー好きのブログです。
    ディズニーグッズの紹介を中心に、愛犬の事や趣味の事などいろいろ書いてみようと思います。
    気になる事やつっこみがあればコメント欄にどうぞ!

    リンクしていただける時は、教えてくださると嬉しいです(^^♪
    リンクバナーはコチラ
  • 管理者ページ
  • RSS
Guest
Banner



GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Category
Entries
Shopping



リンク先:GREEN DOGトップページ

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS