老齢期

最近、暑くなってきたので、ややバテ気味の秀です。
年齢的にも、種族的にも暑さは堪えると思うのですが
幸い、食欲だけは落ちず。
動物の本能でもあるんでしょうが、もはやある意味才能だ(笑)

そんな元気そうな秀も、実はお尻に腫瘍ができていたりして、
じわじわと年相応とも言える体になってきました。
その腫瘍がやっかいな事に、穴が開いたような傷になってて
レーザー治療などを続けてまして・・・
肛門のすぐ近くで、人間が見てない所で舐めたりこすったりして
なかなか傷が良くならなかったんですが、
根気良く治療を続けてきた結果、ようやく塞がってきました
あー良かった!
もう少しレーザー治療は続きそうなのですがね。
もう舐めたりこすったりしてません

腫瘍を切除するという選択肢もあるのですが、
3年前に、胆嚢摘出の大手術も経験してますし、
再び全身麻酔をするとなると、かなりの負担になってしまうので
主治医の先生からはやめた方が良いと言われました。
もちろん、家族としても全身麻酔は避けたかったので
納得できる治療方針でした。
今のところ、腫瘍そのものはすごく悪いというわけではなく、
今後の様子を見ながらうまく付き合っていく感じです。

で、せっかくお尻の傷が良くなってきたと想ったら、
今日、秀の股関節に異常が見つかりました・・・。
ここ数日、散歩に出てもすぐ帰りたがり、
ついに右後ろ足に力が入らないような仕草をしてたので
レントゲンを撮ってもらったら、
股関節の部分が正常な位置にないと言いますか、
骨がちょっと曲がってる感じ
段差なんかで衝撃が加わると、骨盤に当たって痛むらしいです。
秀は、ずっと痛がるわけではなく、数分歩くと足を引きずってます。
触ったりしても痛がる事はなく、
家の中ではほぼ畳の部屋で生活してるので、なんとか大丈夫そうです。
お散歩を控えなければならないのは、
私としては少し寂しい事ではありますが・・・。
正直、今まで無理させてたのかなぁ、とか
勉強不足だっただろうし、反省すべき事は多々ありますが、
しっかり現状を受け止めて、秀が常にハッピーでいられるように
希望を捨てずに、ちゃんと考えて行こうと思います。

介護というにはまだ大袈裟なのかもしれないけど
ある程度先の事も頭に入れておかなければならないですね。

色々病気は抱えていますが、今のところ、食欲旺盛で、
毎日こうして(↓)キッチンでおいしいものを待ち構えているのです


なんか長くなっちゃったけど、読んでくれてありがとう!


犬の老いじたく―愛犬の老化と向き合うために (角川SSC新書)犬の老いじたく―愛犬の老化と向き合うために (角川SSC新書)
(2008/03)
中塚 圭子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Plofile

Sakky

  • Author:Sakky

  • 大阪在住。
    犬とディズニー好きのブログです。
    ディズニーグッズの紹介を中心に、愛犬の事や趣味の事などいろいろ書いてみようと思います。
    気になる事やつっこみがあればコメント欄にどうぞ!

    リンクしていただける時は、教えてくださると嬉しいです(^^♪
    リンクバナーはコチラ
  • 管理者ページ
  • RSS
Guest
Banner



GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Category
Entries
Shopping



リンク先:GREEN DOGトップページ

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS