虹の橋へ

7月23日 21時14分
愛犬・秀が、急性腎不全で虹の橋へ旅立ちました。
14歳と4ヶ月ちょっと。
楽しい思い出ばかり残してくれてありがとう。

071012_03.jpg
お気楽ブログと称してるくらいなんで、
秀の事を綴るにしても、楽しい事とか、暢気な事ばっかりで
あんまり病気の事は書かないでいたと思います。

5月くらいから、心臓に雑音が入ってる事がわかり・・・。
散歩は行くけど、用を足すだけで帰りたがったり、
機嫌良く歩いてても、普段の距離が歩けなかったり・・・。
運動量が徐々に減ってきていました。
6月中旬頃、右の後ろ足を引きずるようになり、
股関節が磨り減ってきている事がわかりました。
関節の薬を飲み始めて、少し改善してきましたが
7月中旬、椎間板ヘルニアを発症。
腰が抜けたような感じになって、歩くことができなくなりました。
股関節の炎症が引き金になったのでは・・・という事。
軽症だったので内科治療の点滴を続けました。
一時、ステロイドの副作用で、嘔吐があって、食欲も落ちましたが、
別の点滴に変わってからは、食欲も戻ってきました。
自力で立ち上がる事は困難でしたが、
支えてあげると、歩くこともできました。
しかし、ここへ来て心臓が弱まり、
腎機能の数値もジワジワと悪化していきました。
ヘルニアとは関係なく、日に日に起き上がる事もできなくなり、
呼吸も荒くなって、ごはんも食べられなくなりました。

急性腎不全は、あらゆる疾患から起こる病気。
点滴しか治療法がなく、治る場合が多いそうですが、
心臓が悪いと残念ながら絶望的だそうです。
数時間~数日で旅立ってしまう・・・。
秀の場合、あちこち悪くなってたのは
すべて老化からくるものでした。
犬だけでなく、人間にも、どんな動物にも
平等にやってくる老化。
誰が悪いわけでもありません。

レントゲンで、体内のあちこちに腫瘍と思われるものも
確認されてたし、ここ数ヶ月の症状とか、
年を取って歩けなくなると早い・・・とも聞いた事があったし、
もしかしたら、近いのかな・・・と思った事も何度もありました。
もちろん、決してあきらめるわけではなかったんですが。
少しでも長く、楽でいられるように治療をしてもらいました。
でも23日、もう今日で治療をやめて、家で看ます、と先生に告げた。
ほとんど自分で動くことができない秀が、
いつも診察が終わったら、先生にお尻を向けてさっさと帰ろうとするのに
初めて先生を見つめて、弱々しい声でワンワン言って
手をバタバタさせた。
すごくお世話になったから、挨拶したんだろうね。
その数時間後に旅立った。

想像してたより、あまりに早い旅立ち。
家族が家に居られる時間に、皆で看取る事ができて良かった。
腎不全は、最期は痙攣して苦しむ事があると言われてたけど、
あれだけ呼吸が荒かったけど、
全然苦しむ事無く、何度もおじぎをするように、
安らかに眠るように逝った。
苦しくなくて良かったね。

変にプライドが高い秀だから、介護されるの嫌だったのかな。
今年の夏はすごく暑いし。秀は暑さが苦手だし。

24日、簡単な葬儀だったけど、家族でとある動物霊園で
共同墓地に納骨までしてきました。
拾骨室に行く時、綺麗な蝶が家族の周りをヒラヒラ飛んでて
納骨に行くときも周りを飛んでいた。
母曰く、数日前に家にもきていたらしい。
黒い縁に、綺麗なブルーのステンドグラスみたいな蝶。
アゲハの一種だと思うんだけど。
こういう場に現れる蝶には、故人の魂が宿ると聞いた事がある。
秀だったんだろうね。
なんか、不思議な感じだけど。



何日も寝たきりだったけど、
トイレの時は最期まで教えてくれた。
オムツも考えてたけど、もしもの時の為に用意してた
ペットシーツで足りた。
“優秀”な犬になって欲しくてつけた“秀”と言う名。
別に特別な芸ができるわけでもなかったけど、
家族の一員として、癒し担当。
時には番犬もこなし、セールスマンを追い払った事もある。
最期までずーっと綺麗な毛並み。
私のパートナーとして、最高に優秀な子でした。

もうこの世で、私の大好きなあの毛並みや、
意外にぷにぷにのほっぺや、肉厚の首周りに触れないのは寂しいし、
元気なうちに、もっとおいしいものを食べさせれば良かったとか、
もっと些細な事に気づいていれば、もう少し楽に
生きられたかもしれないとか、後悔もたくさんあるのですが、
ここ数年は、恩返しという意味も込めて、
特別な事をしてあげる事はできないけど、
どこの誰よりも最期までハッピーで居られるように、
愛情だけはたっぷりと注いできました。
それだけは絶対的な自信があります。
“犬の十戒”も全部クリアした。

秀がどれくらいハッピーでいられたかは
秀にしかわからないけど、家族には、楽しい思い出ばかり残っていて、
写真を見てても、笑い話ばかり思い出す。
時々、じんわりと悲しみが込み上げるけど、
秀とは心が通じてると思うことが何度もあったから、
大好きだった事は伝わってるはず。

しばしの別れだと思ってるから、さよならとは言わないけど、
ありがとうと、大好きだけは、たくさん言っておく。

幼少の頃から“犬のいる生活”に憧れ続け、
ある年の私の誕生日から14年以上も、その夢をかなえ続けてくれた秀。
こうすると、私の実年齢を公表するのに近いけど・・・
私の人生の半分近く一緒だったんだなぁ。
本当に、最高のパートナーです!


お気楽ブログなんで、また秀の古い写真とか
アップするつもりなんで、シェルティ好きさんや
犬好きさんはまた見に来てくださいね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秀くん・・・虹の橋を渡ったんですね。。。ビックリしました。
虹の橋の向こうで、うちのれなとも会ってるねきっと^^

Sakkyさん、お知らせ頂いて、、、ビックリして涙が出て、、、涙がとまりません。またゆっくり日を改めて来ますね。

秀くん、幸せな犬生だったね。。。粘土モデルにもなってくれて、本当にありがとう。

sakkyさん、元気だしてね。

No title

>しおるさん
ビックリさせてしまってごめんなさい(>_<)
私は元気なので安心してくださいね!!

秀の好きなタイプ、和風美人さんなので、
きっとれなちゃんの事も見つけているでしょうね(笑)

また古い写真とかアップするつもりなので、
いつでも見に来てくださいね♪

お身体お大事に☆彡
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Plofile

Sakky

  • Author:Sakky

  • 大阪在住。
    犬とディズニー好きのブログです。
    ディズニーグッズの紹介を中心に、愛犬の事や趣味の事などいろいろ書いてみようと思います。
    気になる事やつっこみがあればコメント欄にどうぞ!

    リンクしていただける時は、教えてくださると嬉しいです(^^♪
    リンクバナーはコチラ
  • 管理者ページ
  • RSS
Guest
Banner



GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Category
Entries
Shopping



リンク先:GREEN DOGトップページ

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSS